教育ローンランキング

教育ローン 消費者金融で準備できる?

画像

 

画像

教育ローンのおすすめ

教育ローンとは

本サイトでは、教育ローンについて、特徴やおすすめのポイントなどをご紹介します。

 

教育にはどのくらいお金が必要なの?

画像
子育てには、なにかとお金がかかるものですが、教育にはどの程度の費用が必要になるのでしょうか? 生命保険会社がとりまとめた、 学校種別ごとの子供の教育費用を下表に示します。

 

大学の費用は、下宿をしておらず、自宅から通学しているという条件での費用となっています。幼稚園から大学まで公立・国立に進んだ場合、教育費用の総計は約828万円となります。

 

一方、幼稚園から高校までを私立で過ごし、私立文系大学に進学した場合には、約2162万円となります。最も費用がかかる 私立医系に進学すると3353万円が必要となるわけです。お金がかかるものといえば、マイホームの購入が筆頭だと思われますが、教育にかかる費用も、トータルすればマイホームの購入と変わらないくらいの金額が必要になるわけです。

 

この表にまとめられた費用は子供1人あたりのものです。当然、子供が2人いれば費用は2倍に、子供が3人いれば3倍必要となります。さらに、大学に自宅から通学できず、宿する場合には、4年間で300万円程度余分に必要になるといわれています。

 

 

表 学校種別の子供の教育費用(住友生命の推計による)
画像

 

 

教育ローンとは?

 

マイホームを購入するときには、非常に大きな金額を一度に支払うことになりますので、住宅ローンを組むなどで資金を調達することも一般的です。教育にかかる費用についても、特に大学の入学金や授業料など、まとまったお金が必要になりますので、現金を充てることが難しければ、ローンを組むことも考えられます。

 

ローンには、用途が限定される目的ローンと、用途が限定されないローンの2種類に大別されます。教育に必要な資金を調達する場合、用途を教育関連に限定した教育ローンを組むか、用途が限定されないローンを組むか、2つの選択肢があります。

 

教育ローンも目的の一種なので、提供している銀行などの機関が定めた用途にしか使うことはできません。

 

一方、用途が限定されないのであれば、教育資金に使っても、その他の用途で使っても自由です。ただし、目的が制限されている教育ローンのほうが、多目的に比べて金利が低く設定されていることが多く、支払う利息を低く抑えられるというメリットがあります。

 

一方、多目的に利用可能な場合には、目的に比べて申し込みから融資までの期間を短くできたり、審査に比較的通りやすいというメリットがあります。

 

 

最近の教育ローン事情

 

教育ローンと一口にいっても、様々な機関が提供しています。また、フリーやカード・キャッシングなど、用途を問われないローンから得た資金を教育のために充てることもできます。主な、教育ローンの状況は、下記のとおりです。

 

●大手都市銀行
メガバンクが提供しているのは、日本全国どこでも利用することができますし、大手という安心感があります。

 

●地方銀行、第二地方銀行
地方銀行や第二地方銀行では、その地域に密着した教育ローンを提供しています。銀行との取引状況に応じて、提供される金利が割り引かれるケースもあります。

 

●インターネット銀行
ネット銀行では、実店舗を運営する経費を節約できるため、低い金利を提供しているケースがあります。また、日本全国どこからでも利用しやすいという利点もあります。

 

●日本政策金融公庫
高年収の人は制限により利用できない場合もありますが、比較的低金利を提供しています。

 

●銀行系・消費者金融系のフリー・カードなど
厳密な意味での教育ローンではありませんが、比較的迅速に融資を受けることが可能です。また、審査も比較的緩やかであることも、メリットの一つです。

 

 

教育ローン どこが提供しているの?

どのような機関が提供しているのでしょうか?

 

銀行の教育ローンとは?

画像
ローンといえば、まず思い浮かぶのが銀行だと思います。三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行などのメガバンクを始めとして、多くの銀行で、無担保目的ローンの一種として提供しています。

 

銀行が提供しているのは、最大融資金額が300万円から700万円程度に設定されていることが多く、返済期間は最長で8年から15年程度となっています。金利は、変動金利型と固定金利型のどちらかに決められていたり、借りる側が選択することができる機関も多くあります。

 

金利については、住宅ローンを利用していたり、給与振込み口座に指定するなどの銀行との取引状況に応じて、金利割引サービスを提供している機関もあります。

 

 

銀行以外で教育ローンを提供しているところはあるの?

 

銀行以外でも、信用金庫や労働金庫などの機関でも提供しています。これらの機関で提供しているのは、銀行のものとさほど変わりませんが、機関によっては、最大1000万円の大型の教育ローンを提供しているところもあります。

 

また、日本政策金融公庫でも提供しています。日本政策金融公庫は100%政府が出資している金融機関なので、「国の教育ローン」とも呼ばれています。これは、子供の人数に応じてローンを受けられる所得に制限があります。また、母子家庭または交通遺児家庭の人は保証金が減額される、公的機関らしい措置を受けることができます。

 

 

教育ローン 借りるまでどの程度かかるの?

教育ローンに申し込むと、どの程度の期間で融資を受けることができるのでしょうか?

 

一般的な教育ローンの場合は、どの程度?

画像
銀行が提供している場合、申し込みを行ってから、審査が行われますが、審査については最短で即日回答される機関もありますが、通常2〜3日程度を要するようです。

 

審査が合格した後に契約書類を郵送などで送ることになりますが、契約書類が銀行に届いてから融資が実行されるまで、1周間程度必要となりますので、最初の申し込みから融資実行まで、トータルで2週間程度以上の期間が必要になることが一般的です。

 

日本政策金融公庫が提供している「国の教育ローン」についても、申し込みから入金まで最短で2週間程度となっています。

 

 

早急に融資を受ける必要がある場合は、どうすればいいの?

 

では、もう少し早く融資を受けるには、どうすればいいのでしょうか?

 

申し込みから入金まで最も早く行うことができるものは、カードやキャッシングなど、利用目的が限定されないローンです。カードやキャッシングについては、申し込みを行うと、最大融資金額が設定され、その金額に達するまでは、何度でも借り入れを行うことができます。

 

カードやキャッシングの申し込みは、インターネットでも可能ですが、取り扱い店舗や無人契約機などで行うと、最短即日でカードを受け取ることができ、即日融資を受けることも可能です。

 

ただし、カードやキャッシングは、一般に比べると金利が高めに設定されていますので、支払う利息額に注意が必要です。

 

教育ローンのおすすめ